ガンドリル加工、深穴加工、機械加工はメタルスター株式会社

機械加工

機械加工 長年培った高い技術力と専門知識

高い技術力と専門知識

マシニングセンタで加工を行う場合、マシニングセンタ内の切削油と空気中の温度を同じにしないと、
熱変異により加工製品が伸び縮みをして、精度誤差が生じる原因になるため、
常に注意をしています。
機械加工の熟練者がノウハウを活かして、困難な加工も対応致します。

短納期・多品種・少量生産

高度な技術力によって、短納期で多品種少量生産にお応えいたします。
また、メッキ・アルマイト処理など対応できます。

工作機械 モノレール

機械加工の種類・加工説明

フライス盤工具を回転させ、平面はもちろん、曲面、溝などを加工します。
フライス加工に用いる工具は多くの種類があります。 
ボール盤ドリル工具を回転させて、主に穴あけ加工をする機械です。
リーマ仕上げ、ねじ立てなどの加工も行うことができます。
研削盤切削工具の代わりに砥石車を用いて加工する機械です。 
切削加工より優れた仕上げ面が得られる為、精度が求められている場合に使用します。
中ぐり盤穴の内面を精度よく、所定の大きさに加工する機械です。
歯切り盤ボブカッタ、ラックカッタと呼ばれる工具を用いて、歯切り加工する機械です。
ギア部品等の加工に使用します。
旋盤旋盤の特徴は円形等の製品を回転させながら加工する特徴ある機械です。
突切り、面削り、ねじ切りなど、多数の加工が可能な機械です。 

加工風景・加工部品

弊社の熟練工が加工する際に気を付けていることも記載しております。

機械加工

この製品を加工する際、まず私が気をつける事は、キズを付けない事、製品に基づいた加工工程を考える事です。間違えのある加工工程では、キズだけではなく、目的の加工作業が出来なくなるからです。

機械加工

マシニングセンタでの、チャンバー溝の仕上げ加工をしている風景です。

機械加工

チャンバー蓋の加工後に加工測定をしています。

機械加工

リング状の様な加工時に固定しにくい製品は、専用のジグなどで締め付けて加工する。製品が柔らかい場合は、柔らかい道具を使い、製品にキズが付かない様に固定して加工します。

機械加工

この製品の加工ポイントは、横穴機械とマシニングセンタを使って、加工しています。

機械加工6

こちらの穴はマシニングセンタを使って深穴の加工をしました。

設備紹介

機械紹介

弊社が活用している立型マシニングセンタはOKKのVM900です。加工範囲900×2000mm、回転数12000kpmの高速加工が可能です。弊社では半導体装置部品、自動車部品、ロボット関連、液晶パネル、機械部品、モノレール部品を高効率に加工できます。

納品の流れ

納品までの流れ

お問い合わせ TEL 084-981-5808

PAGETOP
Copyright © METAL-STAR Co., Ltd. All Rights Reserved.